May
4
2011

女性と仕事

お休みが続くと普段忙しくしている時よりも、じっくり内観する時間が増えますね。

特にこれからのことについて。などなど・・・。

 

女性って男性と比べたら、とっても多種多様で、

専業主婦の人もいれば、共働きの人もいる

その中でも子供がいるのと、いないのとではまた違う。

仕事一筋のバリバリのキャリアウーマンもいる。

結婚したら家庭に入るつもりでキャリアを持たない人もいる。

仕事も趣味も家庭もバランスよくこなす人もいる。(←かなり理想的)

 

本当に色々と選択肢があります。

 

本人が幸せだと感じていたら、どれも正しい選択だと思います。

 

が・・・、仕事を辞めて、今は専業主婦で幸せそうに見えていた友達の言葉に

驚いたことがありました。

 

友「旦那はお金を入れてくれさえいればいい、外で何をしていてもいい。

女性としてはもう見れないと言われたし、今は子供が一番」と・・・。

 

私「ま、まじで???かなしすぎるーーー」。・゜・(/Д`)・゜・。

 

子供の為に一生懸命になるのはいいことだと思う。

けど子供に手がかからなくなった、それ以降の自分の人生をどうするのか。

 

今そういう生き方を反映したようなドラマ(「名前のない女神」)やってますね。

あれを見てても、女性の生き方というものを考えさせられます。

 

私の場合20代前半の頃は、必死で男性に負けるもんか。(←かわいくない)

という気持ちで仕事に挑んでいたような気がします。

男女平等という言葉をそのまま受け止めていました。

 

その反面20代後半は、女が仕事を持ってちゃ幸せになれないんじゃないか

と考えたこともありました。

 

30代の今、男性と女性の働き方は、それぞれ違っていいということに気づきました。

 

「仕事と私、どっちが大切なの?」という女性からの質問。

このセリフを言われてしまう男性の気持ちも少しわかってきました。笑

んなこと一緒に考えれる訳ないんですよね。

なんなら仕事のほうが “その時” は大事だったりする場合もあります。

 

けど、仕事を頑張りながらも、どこかで人に依存ぎみだったりしていた

昔の自分はなんとなく理解できませんでした。

「頼る」と「依存」の違い。

それが理解できるようになったのは、大人になった証拠でしょう。笑

 

男性と同じ職種でまったく同等に働くには、体力的にも地位的にも

やっぱり無理をしなければならない部分が出てきます。

 

女性には女性らしい仕事のやり方があるんじゃないかって最近は考えたりしています。

女性だからこその対処方法だったり。気遣いだったり。。。

がむしゃらに頑張って自分を見失うのではなく、

自分の持っているものを最大限に生かせる仕事に出会えたら最高ですね。

 

パートナーとは、足りない部分は補い合って、

それぞれの生き方を尊重しあえる仲であれば理想的♪

(あっ、その前に相手かっ!)Σ( ̄∇ ̄ ;)

 

今ある環境の中で自分が出来ることを実行していき

力になってくれる方々には、その分何かを与えれる自分になれたらと。

☆━━ヽ(・∀・)ノ

そんな感じで周りに影響を与えれたら、嬉しいなーって思います♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.